言葉と文化を伝える仕事【日本語教師として働く】

言葉と文化を伝える仕事【日本語教師として働く】

女の人

言葉とともに文化を伝える仕事

日本語教師の主な仕事は海外の人に日本語を教える仕事です。また生活習慣や考え方など、語学以外の日本文化を教えることもあり、日本で生活する上で必要な敬語や微妙なニュアンスについても海外の人に教えることになります。

女性

経験を活かして働くために

教員免許を持っていなくても日本語教師として働くことができます。420時間ある養成講座を受講・終了することで教師として教えることができるのです。その為海外で働いた経験や趣味で得た語学知識などを活かし働くことができます。

国内か海外どちらで働く

国内

国内での求人は希望する時間帯だけ働く非常勤も多く、常勤は管理職だけという事も多くあります。しかし海外で働いた場合と違い国内の通貨で給与を得られるため、物価の違いによる給与の違いに悩むことは有りません。

海外

現地で暮らしながら日本語を教える場合は、国内より常勤として採用されやすいようです。現地に詳しい日本人として本格的に日本語を学びたいと考えてる方に教える事になります。また滞在期間が長くなるとその分実績が詰める事もメリットになります。